スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

レイちゃん、病院で一泊する(その3 ) 

これからは、メタボにならないようにお野菜もいっぱい食べようね。

術後は、エリザベスカラーもお薬もなし。

脱糸もないので、問題がなければ、もう、病院に行か無くてもいいって。

P1020835.jpg



(その2)からの続き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


猫の鳴き声が待合室に響く。

隣のワンちゃんはブルブルと震えだした。

きっと、猫の声が怖いんだね、って飼い主が話している。


名前を呼ばれて診察室へ。

 手術は問題なかったですか?

 ええ、順調に終わりました。

 ただ。。。。。レイちゃんはものすごく怒っているのよ。

と言いながら看護婦さんがドアを開けると、

相変わらず狭いオリのなかにレイちゃんはいて、白いヒモと格闘していた。

獣医さんが、

 注射をしなくちゃならないんだけどさせてくれるかな?

って、言いながら注射の準備をしている。

私はオリからレイちゃんを出す。

白いヒモは荷造りのヒモで、首にきつく巻かれていて、リードのように長く伸びていた。

抱き上げるとおなかはびしょびしょで、オリの床には「んち」がコロコロ。

あれー、レイちゃん一晩ここで糞尿まみれで過ごしたんだ!

きれい好きで、んちの失敗をしたことのないレイちゃんだから、そりゃ不機嫌だわ。

レイちゃんはキャリーに飛び込もうとしたけれども、

ちょっと待ってと私が押さえている、その隙にお注射をされた。

 飼い主がいればおとなしいんだね。と、ちょっと驚いた口調の獣医さん。


レイちゃんが、怒ったり、騒いだりしているのは想像がつかないんだけど、

私の知らないレイちゃんがいるの?



注射が終わると、レイちゃんはキャリーに飛び込んでうずくまった。


ああ、レイちゃん、つらい一晩を過ごさせちゃったね。

レイちゃんはいつも優しくて、おとなしい子だ。

きっと麻酔からさめたときにパニック陥ったのだろう。


そして、身体が大きい分、力が強くいから、

ラグドールを良く知らない獣医さんたちは「恐怖」を感じたのかも。


だからヒモで固定されて、小さいオリに閉じ込められてしまい、

余計嫌がって暴れたのかも。


家に戻ってきて、糞尿を落とすために軽いシャワーをした(獣医さん了承済み)けど、

レイちゃんはソファの後に隠れちゃった。

ご飯も水も飲んでくれないの。

少しよそよそしい感じがして、さみしいよ。


次の日、少しだけごはんは食べてくれた。

でも、毎朝私のベットに遊びに来てくれていたのに、

病院から帰って来てからそれもない。

レイちゃん、すねているの?


レイちゃんは、身体の大きさの分、寛大で、

自分の強さを知っている分、弱いものにやさしい。

ちゃんと私は知っているよ。だから、機嫌直して!

ご訪問ありがとうございます。
ぽちっとしてくださると、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村
また来てくださいね。



スポンサーサイト
line

レイちゃん、病院で一泊する(その2 レイちゃんは常にいい子だったのに?)

レイちゃんは、子供の時からごはんをねだったりはしない子だ。

いつもカリカリは十分な量お皿に乗っており、好きな時に食べられる。

病院に行く前夜、ごはんは早い時間に片づけた。

朝になっても、いつもの場所にごはんは無い。

でも、レイちゃんは何にも言わないの。

イブちゃんだったら「なんか忘れていませんか?」催促すると思うけど、

レイちゃんはいつもの通りに、朝、ベットまで来て、私の顔を覗き込み、
ニャンと鳴いて走り去ってリビングで一人遊んでいる。

私が起きて、お水まで下げてしまったのに、何も抗議しないの。

おなか減っていないの?

コーミングしても、普通の顔している。

猫じゃらしで遊んでも平常心。

不思議な猫ちゃんだ。

体重を測ったら5.7kgに減っていた。

ぜったくいおなかがすいているはずだよ!


久しぶりにキャリーに入れたら、もう、キツキツ!

マンションのエントランスに降りたら、レイちゃんは人気者。

可愛いねえ、毛が気持ちいねえ、なんていう種類の猫?

レイちゃんは誰に対してもおとなしく、なされるがままにされている。

ふー、とか、シャー とか 決して言わないの。

愛想ふりまいていて、病院に行くのが遅くなっちゃった。



病院でも、レイちゃんはとっても人気者なの。

可愛いねえって、他の飼い主さんや病院の方になでられても、なされるがままなの。

ワンちゃんがいても、平常心なの。



診察室に呼ばれて、レイちゃんを小さな持ち運びの出来るオリに入れるように言われた。

猫ちゃん用だから、キツキツだった。

この中で一泊するのですか?

と聞いたら、

手術まで、麻酔が効くまでここに入っていてもらいますが、手術が終わったら広い病室に移りますよ。

あーほっとした。このオリじゃあ、レイちゃん手足が伸ばせないもの。

同意書に署名して、明日の朝お迎えに行く約束をした。

オリの中のレイちゃんに「がんばってね」と声をかける。

後ろ髪を引かれる思いで病院を後にした。

その日一日は、麻酔や手術で具合が悪くなっていないだろうかと、
ずっと電話を気にして過ごした。

幸い電話はならなかった。



次の日の朝、診察時間が始まる前に病院に飛んで行った。

待合室で、猫ちゃんの鳴く声が聞こえる。

レイちゃん?

いや、レイちゃんの声じゃない。
レイちゃんの声は、もっと小さくて、鈴のような声だもの。レイちゃんじゃない。



ご訪問ありがとうございます。
ぽちっとしてくださると、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村
また来てくださいね。


line

レイちゃん、病院で一泊する(その1)

レイちゃんが急に大人に。
P1020809.jpg

ここのところレイちゃんは良く遊ぶ。
6kgのでっかいレイちゃんが、猫じゃらしに飛びついたり、
チュウさんを追いかけたりする図は結構壮観。

おもちゃ箱からウニボールを出してきて、
私に向けて転がしてきた。
ほんの少しだけど、キャッチボールみたいにころがしあっこできてたのしかった!
でも、レイちゃんすぐに興奮して、一人でけったり、咥えたりして遊びだして、
私は置いてけぼり。

しゅん。


そして、8月になったある日。。。
レイちゃん、シャンプーしたばっかりだけど少しクチャイ?

抱き上げてくんくんしてみたけど、レイちゃんはクチャクない。

気のせいかな?

そして、朝、さあでかけるぞと、ソファにおいてあったかばんを手に取ると

クチャーイ!

えー!

私のかばんにおしっこが・・・。
かばんを拭いたけど、ちょっとムリ。
違うかばんにかえて出勤しました。

中にあったポーチも臭くて、一日レイちゃんのおしっこのにおいと一緒に過ごしました。

あーあ。
レイちゃん、大人になっちゃったんだね。

数日悩んで、2番目の獣医さんに電話した。
今度の土曜日にお願いします。

急だから、来週はどうですか?

あたしの意思が変わりそう。
今週でお願いします。

かくして、レイちゃんは。。。

プックリとしたかわいいものがなくなっても、
レイちゃんは何も変わらないよね。

私を嫌いにならないよね。




2番目の獣医さんは。。。 ⇒こちら

ブログには書いたかどうか忘れたけど、5,6月ごろに3番目の獣医さんにも調査に行ったんです。
新しい獣医さんで、店舗を拡大中のようで、見てくださったのはアルバイトのような若い獣医さん。
「去勢手術は、ボクじゃないです、ベテランがしますのでご安心を。」や「1泊の入院が必要だけど、夜間は無人です」っていうのが気になった。

結局、2番目の獣医さんしかないかなって思ったの。
流行っているみたいだし、テナントでなく、地域密着型が信頼できるかな。

ご訪問ありがとうございます。
ぽちっとしてくださると、励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村
また来てくださいね。
line

獣医さん探し ~2軒目~

かわいいお手手の持主は、やっぱりウサギさんが好き!

P1000922.jpg

週末から忙しくって、レイちゃんに一泊のお留守番もさせちゃった。
いい子だったけど、お部屋の中は「んち」の臭いがすごかった。
レイちゃんのんちの量は半端じゃないから。
朝夕そして、次の日の朝、計3回分は山盛りなの。

そして、半日の代休が取れたので、うちから2番目に近い獣医さんに行ってみた。
この獣医さん、いつ出来たんだろう?
評判も聞かないけど、うちから徒歩10分以内だから便利。

1階が動物病院で、2階が住宅のようだ。
地域密着型っぽいのがよろし。
最近はビルにテナントで入っている病院も多いが、いつ移転するかもわからないからね。


子猫がうちに来たので、今後の相談をしたいですと、受付で言いました。

中年のにこやかな男性の獣医師でした。
看護士も2名いて、レイちゃんが珍しいらしくニコニコとのぞいていた。

去勢の時期を聞いたら、まず、去勢のデメリットから話された。

特に男の子の部分が未発達の幼いときに手術をすると、尿道が細いまま発達しないから
「砂」がうまく通過できずに詰まる病気になる可能性が高くなるので、
10ヶ月目か、初めてスプレーをしてからがいいとの説でした。

でも、レイちゃんのような長毛種は、意外とスプレーしない男の子も多いから、
必ずしも必要ではないとのこと。
発情したメスが近くにいなければスプレーしない子が多いって。

ふーん
去勢がスプレー対策が主なメリットとしたら、
レイちゃんがしない子だったら手術したくないな。
全身麻酔をして、健康な身体にメスを入れる危険はゼロではないしな。

ヒマラヤンのイブちゃんは避妊手術をしていませんでしたが、
特に困ったことにはなりませんでした。

よく、猫が発情期につらい思いをするというけれども、
いつもより、ごろごろして、うるうるの目になったくらい。
大きな声で鳴くこともありませんでした。

去勢は一泊の手術で、入院費を含め、1件目の獣医の半額ほどでした。
しかも、一軒めでは、タマタマが一つ見当たらないから、大手術が必要になり
メスの避妊手術ほどの金額がかかるかもといわれたけれども、
2軒目では、ちゃんと2つあると言われた。

一泊するのは、麻酔が完全に切れてからでないと危険だからという理由でした。

レイちゃんは診察台でリラックスして、びょーんと伸びて、
先生の手にちゃいちゃい。

↓これがレイちゃんのお決まりの甘えんぼポーズ
P1000914.jpg

知らない人にも愛想を振りまくレイちゃん。性善説だね。

おとなしい子ですね。

そうでしょ?
暴れん坊ではないでしょ?

まあ、まだ何もいたい思いをさせていないからね。

この子大きいね。
親猫は何キロぐらいだったか聞いた?

7kgぐらいでした。

(どひゃーん)
ヒマラヤンの一種かと思っていたけど、(看護士に)違うのかい?

この先生、ラグドールをご存じなかったようです。

帰ってからインターネットで調べたら、
最近は、去勢と尿路結石の関係は確かではないとの説が主流みたい。

いろんな説があるみたいで、メリットもデメリットもあるみたいだし、
去勢が男の子には必須ということでもないようなので、
もう少し勉強しながら、レイちゃんの様子をみて、
他の獣医さんもたずねてみようかな。

とりあえず、感じのいい獣医さんが近くにあることが分かって良かった!

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

line

獣医さんとの相性

今日はうちの地方でも雪が降っています。 

雪?
P1000846.jpg

寒いの好きじゃにゃいもん。
P1000843.jpg

ベランダに抱いて出て、お外↓を見せたら、イカ耳になって、しがみついてきました。
P1000852.jpg


雪が降っているから、空いているだろうて思って
1月にワクチン接種した動物病院に行ってみました。

2度行ってみて、相性が悪いというか、この獣医さんは猫が好きでないのかなって気がしました。
(シャム猫飼っているので、ポイントの猫は好きって言ってたけども)


アタシ:特にどこも悪くないのですが、来てみました。
   (前回、体重だけでも測りに来て、病院に慣れてくださいって言ってもらったから)

獣医:(体重測って、タマタマの様子をみてから)
   なにか気になることはありますか?

アタシ:ものすごく食べるんです。フードに書いてある量の2倍ぐらい。
    おなか減っていると、チュウさんやウサギさんも食べてしまいます。

↓昨日帰ってきたら耳がなかったウサギさんを見せました。
P1000794.jpg

獣医:他の猫よりも良く食べるのは、ラグドールだからです。
   ぬいぐるみを食べるのは、おなかが減っているのではなくて、その猫の癖です。

   人が見ていないときには、おもちゃを与えないように。
   消化器の病気になりますよ。
   ぬいぐるみやコードなどを食べて、何度も開腹手術をする猫もいます。
   猫は学習能力がないから、繰り返し食べるんです。

   今日は念のために整腸剤を出しておきましょう。
   便の検査もしておきましょう。

アタシ:(そっか、一人でお留守番の遊び相手にぬいぐるみを与えてはいけないのね)

    ところで、便検査は何をみるんですか?
    (潜血とか、ぬいぐるみのかけらを探すのかしらと思った)

獣医:(ちょっといらついたように)
   検査が嫌ならしなくていいです。ほんの千円なんですけどもね。

   こういったときは、たいていは便検査して整腸剤を出すものなんですけどもね。
   じゃあ、整腸剤もいらないですね。



なんか私嫌われているみたい。なんで?

アタシ:(気を取り直して)
    お留守番といえば、近々そんな機会もありそうだから、
    どんなところで預かっていただけるか見せていただけませんか?

ネットで、良い獣医の探し方を調べたら、どんな設備があるのか、
見学させてもらうと良いと書いてあったので、チャンスがあれば見たいと思っていました。


一瞬、躊躇したようですが、見せてはくれました。

お預かりゲージの壁ひとつ隔てた隣の部屋に洗濯機が回っていました。
お泊まりしたら、落ち着かないかも。
他にも気になる点あり。

イブちゃんが泊まった何ヵ所かのホテルと比べて、どうだろ?


イブちゃんの行ってた動物病院では、看護師や何人かの獣医がいて、
みんな感じが良くイブちゃんと呼び掛けてかわいがってくれたけど、
この新しい若夫婦は決して名前を呼びかけたりすることもなく、
もしかして、猫が嫌いなのかなあ?

雪の日で他に通院/入院患者もいなかったのに、そっけない対応だった。

たぶん、先方も、薬や検査を拒否したり(内容を聞いただけで拒否してないけど)
設備を見たがったりするうるさい飼い主と思っているんだろうな。


安心して去勢手術を任せられる獣医を探さねば!

歩いて20分ぐらいのところに、HPによるとラグドールのブリーダーでもある
動物病院があるみたい。
次はそこに行ってみるか。

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ
にほんブログ村

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ルツ

Author:ルツ
☆わたし(ルツ)
特技、三日坊主。
ブログ続くかな?

☆レイちゃん
ラグドール オス
ブルーリンクスミテッド
2010年10月10日茨城県生まれ
2010年12月26日からうちの子に

line
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
いくつになったの?
line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
line
検索フォーム
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。